にいぬま、動き出すってよ —これからについて—

にいぬま、動き出すってよ —これからについて—

9月のサプライズとなった離職の話から1ヶ月ほど経ちました。

この間、さまざまな方にお声掛けいただき、お誘いのお話をいただきました。魅力的なお話が多かったのですが、自分の今後も踏まえたステップにしたいと考え、泣く泣くお断りさせていただいたお話も多くあります。あらためて、気にかけていただいたこと、お声掛けいただいたことに本当に感謝しています。ありがとうございました。

さて。

10月以降どうするのかについてお伝えしたいと思います。

短期で釜石市のプロジェクトに参画

この10月から12月まで、岩手県釜石市の案件に関わることになりました。パソナ東北創生が受託する案件で、戦略策定に係る調査業務です。業務ボリュームが結構お腹いっぱいになるためフルタイムで関わります。出張で月1回ぐらい釜石に行くことにもなるかと思います。今年中の案件ということで、年末まで突っ走る感じです。業務は大手町か麹町でやることになります。

来年早々、起業にチャレンジ

以前から直接お会いした方には「起業してみたい」と話していたのですが、今回、背中を押してくれる仲間もいたので、来年早々に起業することにしました。その内容は、今回起業するにあたって困っている(ハードルになっている)ことを解決・支援する事業で、キーワードで言うなら「金融」や「起業支援」といったことになるかと思います。具体的な内容は追々出していきたいと考えていますが、興味がある方、なんか応援したい、関わってみたいという方、ぜひご連絡をいただけたらと思います。結局1人ではできることが限られているので、みなさんのサポートはもちろん、情報提供も大歓迎です。

9月にお会いできたみなさんに感謝

ちなみに、この1ヶ月間は、家に引きこもってグウタラな生活をする一方、ご無沙汰していたみなさんにお会いできました。その多くの方は次の環境、次のチャレンジをされていて、私も多くの刺激を得ました。タイミングもありますが、それ故に今回やってみようと思ったところがあります。これもまたご縁だと思います。

すごく漠然とした内容になりますが、プロジェクト運営で突っ走る一方、起業に向けての準備、技術や業界知識の学習と、チャレンジし続けていきたいと思います。引き続きよろしくお願いいたします。

photo: 無料写真素材 写真AC